育毛情報

育毛情報ネット

育毛のために健康な体に

季節の変わり目には抜け毛も多くなりお風呂の排水溝を見て驚いたことは誰しも一度は経験したことはあるはずです。そこで育毛しなくては、と思うようになるかもしれません。

 そんな時育毛とともに見直したいのが食生活です。髪の毛はもちろん自分の体の一部ですから体の中でつくられていきます。髪の毛の成分は「ケラチン」というたんぱく質が多いというのは一般的に知られている事実です。 これらをふまえて、食生活のうち食べる食べ物の種類をまず見直すのは有効な手段です。育毛に有効な食べ物の例として、大豆、海藻類、ナッツ類。多くの野菜や果物などがあります。

 これらを過剰にとるのではなく他の食品と合わせてバランスの良い食事をとる食生活がすすめられます。栄養素的にはタンパク質、亜鉛や鉄分などのミネラル、ビタミンB群やDなどがよいとされています。

 食生活に加えて、適度な運動、十分な睡眠時間の確保が求められます。睡眠時間は多くとっても、寝るまでに頭を休める準備としてリラックスさせる必要があります。そうして6、7時間ほどの自分の生活サイクルに合わせた睡眠をとり、運動し代謝を促すことでより健康な体、髪の毛を手に入れることができます。


どうして薄毛になるのか?

髪の毛をシャンプーする時や乾かす時、朝起きた時のマクラカバーなどに落ちている髪の毛を見て「ドキッ」としたことありませんか?ふと鏡を見ると髪の毛が薄くなったと感じてしまった時ってないでしょうか?髪の毛が急に抜け始めたと感じる人は、ただの加齢による髪の毛の減少ではありません。ちゃんと薄毛になってしまった原因があるので、それを突き止め解決していきましょう。薄毛になる原因はいくつかあります。


1.頭皮が不健康な状態
健康な髪の毛を育てるには頭皮を清潔にしなければいけません。
頭皮の毛穴が汚れや皮脂などで詰まってしまっていては健康な毛は生えてきませんし、育ってくれません。

2.頭皮の血流が悪い
頭皮の血流が悪くては、栄養や酸素が充分に髪の毛に届かないので薄毛になってしまいます。

3.睡眠不足
睡眠は髪の毛が育ったり修復するのにとても大切です。睡眠不足になると修復ができなくなり髪の毛自体が育たなくなるので薄毛になります。

4.脂っぽい食事
糖質が高く脂っぽい食事ばかりを摂取していると、皮脂が過剰に分泌する為頭皮の毛穴が詰まってしまい、髪の毛が育たなくなります。

5.ストレス
ストレスが溜まると交感神経が活発になり、常に血管が収縮している状態になります。収縮している状態が続くと血行不良になり髪の毛に栄養が行き届かなくなり薄毛になってしまいます。


以上のように、薄毛になる原因は毎日の生活習慣が大きく関係しているのがわかります。改善するには、食事を野菜中心のメニューに変え、規則正しい生活をしストレスを溜めないようにし、頭皮を清潔にすることで薄毛は改善できます。



ホーム RSS購読 サイトマップ