プロペシアのジェネリック品とはなに?

ジェネリックと呼ばれるのは、新薬(先発医薬品)の特許スパンが満了し終えた後、厚生労働省の許可を得て製造・販売される薬なのです。
プロペシアの有効成分フィナステリドは10年を超えて過ぎた物質。フィナステリドは米国の製薬会社メルク社が開発したのです。

ジェネリックとコピー品の相違
ジェネリック医薬品は特許期間が満了した後で公式に造られ、製造されたその国で承認を得てる薬であり正式な医薬品です。

プロペシアのジェネリック医薬品
日本国内の厚生労働省から正式な承認を得て、2015年4月6日にファイザー株式会社によって、『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』と『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』がプロペシアのジェネリックの形で販売されたのです。
このことは、日本薬事法が採用される日本で新規の公式AGA治療薬のジェネリック医薬品と言っていいでしょう。
先進国の殆どでは、薬剤特許については物質特許と製法特許等が認知されていますが、インドでは2005年まで物質特許がなく、製法特許しか認められていないのでした。

 

ジェネリック医薬品とは

ジェネリック医薬品とは薬の特許が無くなったため、後続製造企業が同じ成分で作成した薬なのです。
特許が無くなっていない時点ではジェネリック医薬品は出て来ないことになりますが、特許が無くなることにより誰もが同じ成分で薬を作成することが可能なのです。AGA治療薬のプロペシアにも例外ではないのですが、限定的に飲むのではなく、飲み継続し続けないとしょうがない薬もあるのです。

日本は少子高齢化社会を迎えており、医療費が益々増加しています。諸外国所によってはジェネリック医薬品の基準が非常に甘かったり、インドみたくジェネリック医薬品という様な模倣品程度の物も時々あるみたいですが、日本国内においては非常に厳しいこともあって、日本出身のジェネリック医薬品に対しては質は保障されていると考えてかまいません。
近年でこそAGA治療の知名度も上昇してくれて、専門のクリニックじゃなくっても診察が実践できる環境が構成されつつあるのではないかと思います。

 

プロペシアのジェネリックの動向

プロペシアのジェネリックとは、MSD株式会社が開発提供する男性型脱毛症治療薬。プロペシアの有効成分フィナステリドの特許スパン満了以後に異なる製薬会社が厚労省によって同じ有効成分、同じ効能にて製造販売認可を得て売られている「フィナステリド」を有効成分にした男性型脱毛症用薬(AGA治療薬)のことを指します。
プロペシアについてはこちら

2015年2月19日に男性型脱毛症(AGA)治療薬については『フィナステリド錠0.2mg「ファイザー」』と『フィナステリド錠1mg「ファイザー」』が認可を取得しました。それ以降、2016年に入り沢井製薬、クラシエ、東和薬品、あすか製薬、武田テバとジェネリックの認可を取得しています。

そういう理由で、どれくらい安く済むかが一番関心を寄せるところでしょう。プロペシア発売した当時は1錠あたり250円でしたが、ファイザーがジェネリックをリリースしてからマーケット価格が20%強下がり、2016年3月~沢井製薬やクラシエの参加でジェネリックは以前にも増して約20%まで減少、それに同年9月の東和薬品の参加でより一層10%弱下がり、ここ最近はジェネリックの相場が1錠で約134~175円となっているとのことです。